2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2014.05.18 (Sun)

はじめて。

プリント写真0108


わたしのうちは両親がクリスチャンで、2人の姉と妹と一緒にずっと家族で教会に行っていました。教会といっても、ほとんど遊びに行っているようなものでしたが、わたしが「神さますごいな!」という最初の体験をしたのは、小学校3年か4年の運動会の時でした。

いつも徒競走の練習で私は2番か3番。一度も勝ったことのないものすごく足の早い友だちが同じ組にいたからです。

運動会当日。両親も学校に観に来ていて、なんだかいつもと違ってキンチョウしてきました。そんな時、ふと、「徒競走で一番になりたいな」という思いが心に浮かんだのです。どうやったって勝てっこないと思っていましたので、自分でもビックリしました。もちろんそれまでに一度も勝ったことはないわけですし、実力ではまったく不可能なわけです。

「かみさま…、それでも徒競走でぼくを一番にしてください。お願いします!」

思わず、口にしていた、わたしの初めての心からのお祈りでした。

よく覚えていないのですが、その子は靴が脱げてしまったかなにかのアクシデントがあり、結果はわたしが一番になりました。当然、その順位もうれしかったのですが、そんなことよりもっとうれしかったことは、「これは、あのお祈りの答えなんだ」ということが、子どもながらにハッキリとわかったからです。

それが、かみさまがとても身近に感じたわたしの小さい頃の思い出でした。





スポンサーサイト
22:59  |  わたしの体験談  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |